国内ドラマ

【セミオトコ第6話】セミオ(山田涼介)が衝撃の告白!?そして由香の決断とは!?第6話の※ネタバレレポート!

こんにちは〜♪

セミオトコ第6話が放送されましたね〜!

ついに!セミオ(山田涼介)は、うつせみ荘の住人たちに正体を告白します!

そして、予告動画にあった由香(木南晴夏)の決断が気になりますね〜!

今週のセミオトコも見逃せないストーリーになっているのでしょうか!?

早速、をレポートしていきたいと思います!

(以下、ネタバレになります!)

セミオ 5日目

うつせみ荘のみんなでバーベキューを楽しんでいる時、セミオが立ち上がり、

「あの、皆さんにお話があります。」

と言うと、小川さんが「熱中症になる」と言って、一行はバーベキューを終え、うつせみ荘でくつろぐことに。

その時、セミオは突然涙を流してしまう。

そして、

「皆さんにお話ししたいことがあります。

聞いてください。

皆さんからすると、有り得ないことらしいんですけど、本当のことなので、言いたいんです。聞いてください。

僕セミオは、本当に蝉(セミ)なんです。

設定ではなく、本当なんです。

人間ではないんです。蝉(セミ)なんです。」

と言うと、うつせみ荘の住人は、ただセミオの話を黙って聞いていた。

そして、大家さんのくぎこ、ねじこは

「そう。セミオくんは蝉(セミ)だったか。」

と受け入れる。

美奈子ちゃんは、

「ごめん。蝉の悪口死ぬほど言った気がする。」

セミオに謝る。

小川さんも

「どう考えても有り得ない話なわけだが、お前が言うんだったらそうなんだろ。」

と言うと、セミオ

「えっ?どうしてそう?」

と聞くと、小川さんは

「好きだからだよ!お前のことが。みんな!」

と、うつせみ荘の住人がセミオの告白を信じて受け入れる。

セミオが土の中にいた時のうつせみ荘の様子を話す

セミオは、土の中にいた時のうつせみ荘の様子を話し始める。

セミオ由香の部屋の窓の下あたりで生まれる。

そして年間、ずっと地面の下で、うつせみ荘の人たちの声を聞いていた。

最初に聞いた声はねじこさんくぎこさんの声。

姉妹の父の7回忌の話。

次に小川さんは、引っ越してきて、余命が短いので荷物が少ないと、国分寺姉妹と話していた様子。

春ちゃん、夫マサが引っ越してきたとき、マサの通勤は遠くなってしまうけど、春ちゃんが良い絵が描けそうと、うつせみ荘に引っ越してきてよかったと話していた様子。

美奈子ちゃんは、福岡から上京してきて、姉妹のねじことくぎこはお母さん代わりとしていつでも!と、温かく迎え、美奈子ちゃんの母の年齢に驚いていた様子の話。

そして、由香の話をするとセミオ

「おかゆさんの声は小さくて、なかなか聞こえてこなかったんです。」

と。

セミオは、地上でうつせみ荘の人たちに会えるのを、楽しみにしていたことを告げる。

そして、いよいよ羽ばたこうとした時、由香が窓から落ちてきて、幼虫を潰さないように避けてくれたことを話し出す。

自分の命よりセミオの命を選んでくれたと感謝し、由香を幸せにしたいと思い、人間の姿になって現れたことを告げる。

しかし、その夜セミオの告白を聞いた住人たちは、衝撃の事実になかなか眠れずに下へと集まってきた。

そして、国分寺姉妹、春ちゃん、マサ、小川さん、美奈子ちゃんは、セミオが本当にセミと言うことは、あと2日で死んでしまう現実と、由香はこの先どうなってしまうのか、心配していた。

その頃、部屋では

由香セミオは部屋でオセロを楽しんでいた。

とても楽しい声が住人たちにも聞こえていた。

デレデレの由香は、幸せたっぷりにオセロをやっていた。

そして、由香は明日は二人でお出掛けしようと誘う。

セミオの行ってみたいところを聞くと、

「街に行ってみたいです。」

と答え、人がたくさんいる都会に行ってみたいと言う。

その時セミオは、

「おかゆさん、僕のこと嫌いになってないですか?」

と聞くと、由香

「なんで?」

と少し驚いた様子。

セミオは、人間ではない気持ち悪い生き物なのでは?と言うと、由香「明日楽しもう」と言って、最後にもう一回オセロをやろうと言う。

セミオが寝たあと、由香セミオを見ながら

「セミオ、一緒だよ。セミオのいない世界なんて私いたくない」

と、涙を流していた。

国分寺ヤドリギ庵では

夜は蕎麦バーになる国分寺ヤドリギ庵では、お会計をし、帰ろうとしていた由香の会社の先輩桜木(佐藤仁美)がいた。

その時、由香は閉店間際に入店してきて、お酒を一杯いただきたいとカウンターに座った。

由香は、ヤドリギ庵の二人のプロポーズの話を聞いていた。

そこで、桜木はなぜシングルマザーなのか話し出す。

桜木はプロポーズの話をした後、先に亡くなってしまったことを打ち明ける。

6日目の朝

6日目の朝、いつも通りセミオは、窓から木に飛び乗ろうとした時、体の異変を感じていた。

そして、いつも通り木から落ちると、うつせみ荘の下では、住人たちが朝食の準備をしながら、セミオが落ちてくるのを待っていた。

小川さん特製のパンケーキをみんなで食べることに。

セミオは、メイプルシロップたっぷりのパンケーキを食べながら、幸せな時間なんだ!と喜ぶ。

今日は由香セミオは、デートに出掛けることを話すと、突然セミオは倒れてしまう。

すぐに笑顔で起き上がるが、由香は不安な表情に。

二人はデートへ

セミオは初めての都会に驚きながらも、二人はデートを楽しんでいた。

由香も初めて都会に来れて、そしてセミオと来れたことに幸せを感じる。

東京タワーに行ったり、ゲームセンターでは、モグラ叩きでパーフェクトになり、レジェンドとしてゲームセンターに飾られる写真を撮るとき、由香

「これで思い残すことはないな」

と言って、セミオの頬にキスをして写真を撮った。

 

 

と第6話はここまでです!

お話の最後には、うつせみ荘のみんなが踊る「ファンファーレ!DE盆踊り」が、スペシャル映像として流れました〜(*≧∀≦*)

そして、ついに次週は最終章第7話ですーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

残された時間は、あと1日となってしまいました….。

では、セミオトコ第7話はどんな結末が待っているのか、あらすじをチェックしたいと思います。

第7話 あらすじ

デートを楽しむ二人だったが、セミオがだんだん弱くなっている様子を見て、辛くなる由香…。

その頃、うつせみ荘では、セミオがいなくなった後のことを考え、由香は一人じゃないよ。みんながおかゆさんのことが大好きと伝えるために案を考えていた。

デートの帰り道、由香の家族が商店街の福引で、見事に大当たりを当て、由香に会いにやって来た。

二度と会うことはないと思っていた家族に会えて、由香も喜ぶ。

そして、セミオ由香に最後のお願いを伝えることに。

ついにセミオトコも残りわずかになってしまいました。二人の恋の結末はどうなってしまうのか注目ですね。

セミオトコ最終章」第7話は、9月6日(金)23:15〜です!

お見逃しなく〜♪

第7話
9月6日(金)
23:15〜