国内ドラマ

ネタバレ【セミオトコ最終話】ついにフィナーレ!セミオ(山田涼介)と由香(木南晴夏)の未来は!?最終話の※ネタバレレポート!

こんにちは〜♪

金曜ナイトドラマセミオトコがついに最終回を迎えてしまいましたね。

セミオトコもついにフィナーレです!!!

最終回、セミオ(山田涼介)と由香(木南晴夏)との恋の結末が気になりますね。

では、早速セミオトコ最終回をレポートしたいと思います!!

(以下、ネタバレになります!)

うつせみ荘の住人

引用:セミオトコ公式サイト

うつせみ荘の住人たちもセミオくんが来てくれたことで、絆がどんどん深まり家族のようになって来ましたね♪

ついにセミオトコ最終回です!

うつせみ荘の住人それぞれの未来はどうなるのでしょうか〜?

最終回、うつせみ荘の住人それぞれにも注目したいと思います♪

セミオトコ別れの日

引用:セミオトコ公式サイト

セミオ(山田涼介)と過ごす最後の夜…

二人はうつせみ荘の庭で花火をすることに。

初めての花火に驚くセミオだったが、二人は花火を楽しんだ。

その様子をうつせみ荘の中から見ていたうつせみ荘の住人は、二人のために頑張ろうと国分寺姉妹のくぎこ(壇ふみ)の声掛けで円陣を組み、一致団結をする。

寝る前、二人はぎゅっと抱きしめながら、おかゆさんのどんな顔も好きと、二人は楽しい時間を過ごして寝ることに。

8日目の朝

うつせみ荘の住人たちは、1階の広間で寝てしまい、朝を迎える。

ひと足先に起きた小川さんは、

「最後の1日か。」

と言い、みんなに

「おーい!そろそろセミが落ちてくるぞ〜!」

とみんなを起こす。

セミの鳴き声とともに、セミオも起きて、いつも通り窓から木に飛び乗り、いつも通りうつせみ荘の下に落ちていった。

「おはよう〜!」

と、うつせみ荘のみんなが出迎える。

そして、最後の朝食でお粥をみんなで食べることに。

セミオが最後という空気を変えるために、夫マサはとっさに

「そもそもなんでくぎこさんとねじこさんなんですか?」

と質問をして、

姉くぎこが

「父が建築関係の人で、いろんなものを繋ぎ合わせる役目というか、ネジもクギもね」

と答えて、場の雰囲気を変えようとする。

すると、セミオ

「おかゆさんはどうして由香さんなんですか?」

と質問をする。

由香は小学生の頃、授業で自分の名前はどうして付けられたのか作文に書くと言って、母サチコ(田中美奈子)に聞いたことを思い出した。

そして、父ヒロシ(高杉亘)が、出生届を役所に行って書いている際、たまたま目の前にいた役員のお姉ちゃんの名前が由香だったから付けたと明かされたことをみんなに話す。

その時、セミオはふと立ち上がり、みんなに、

「あの、皆さん有難うございます。

僕とおかゆさんを心配して明るくしてくださってるんですよね。

ありがとうございます」

と言い、最後の日、由香といつも通りの1日を過ごそうと思うと、みんなに話した。

でも、セミオの時間がどの時間まであるか分からない。

「もし帰ってこれなかったらごめんなさい」

と言うと、みんなは悲しみをこらえながらセミオの話を聞いていた。

そして、みんなはいつも通り過ごそうと、明るく和やかな時を楽しんでいた。

うつせみ荘のみんなは、涙が出そうになるのを我慢して二人を見送った。

そして、二人は出勤

二人はいつも通りの時を過ごすために、国分寺中央食品に出勤して、働いていた。

そして、いつも通りヤドリギカフェに行き、由香と先輩の翔子にセミオは、自分が働いたお金でご馳走をすることに。

その頃、うつせみ荘では…

二人が出勤した後、うつせみ荘のみんなで由香に渡す手作りの洋服と絵本を作っていた。

作っている最中も時計を気にする姉くぎこ。

帰り道

仕事帰り、二人はうつせみ荘の庭に着くと、セミオに異変が始まってしまう。

セミオ由香との出会いを振り返り、「この世界が好きです」と改めて伝えていると、だんだん姿が消える現象が起きて由香は涙を流してしまう。

すると、セミオ

「おかゆさん。

お別れみたいです。

ありがとう、この世界にいてくれて。

僕と出会ってくれて

愛しているよ」

と、涙を流し、最後、笑顔で言ってキスをすると…

….

姿が消えてしまった…

目を開けると

由香は目を開けると、そこにはもうセミオの姿はなかった…。

一人、うつせみ荘に帰ると、みんなが出迎えてきて、由香

「セミオ、こんな小さく…」

と手に持って連れて帰ってきた。

6年後の夏が来た。

変わらず、国分寺中央食品で働く由香

劇的に何か変わったとか、幸せを勝ち取ったとかはないけど、ちゃんと生きてるし、ちゃんと幸せです。

今でもセミオのことが好きです。

と笑顔で働いていた。

そして、春ちゃんの書いた<せみ王子とおかゆさん>の絵本は、とても人気が出ていた。

この絵本を春ちゃんにもらった時、絵本ではハッピーエンドのお話だったから泣いたことを思い出す。

うつせみ荘のみんなは

春ちゃんとマサには、なつお君という子供が誕生していた。

くぎこさんとねじこさんは、変わらず二人で仲良く過ごしていた。

美奈子ちゃんは、注目のデザイナーになっていた。

そして、小川さんは元気に生きていた。

由香は部屋に戻ると

由香の部屋には、みんなが作ってくれた洋服が飾ってあった。

「みんなおかゆさんのことが大好きだよ」と、みんなの気持ちが込められた洋服。

由香はまたセミオに会いたいと思いながら、蝉の鳴き声を目を閉じながら聞いていた。

そして、目を開くと…

窓に座るセミオの姿がーーーー!!!

再び国分寺中央食品のポスターの人間になって戻って来た!

「セミオー!」

と叫んだ声を聞いて、うつせみ荘の住人も由香の部屋に急いで集まってきた。

そして、小川さんが

「ハッピーエンドかよ!」

と言って喜び合う。

と、最終回が終わりました☆

セミオくん戻ってきましたねーーーーー!!!セミオファンにはたまらないサプライズでした♪

まとめ

金曜ナイトドラマ「セミオトコ」最終回が終わりました。

最後のフィナーレまで、笑いあり涙あり、キュンキュンありと、楽しく見れたドラマだったと思いました♪

引用:セミオトコ公式Instagram

セミオトコのInstagramには、最終回を迎えた時のフィナーレショットがアップされていました〜^ ^

この夏

「なんて素晴らしい世界なんだ!」

が頭からはなれなかったですね♪

最後まで読んでもらい有難うざいました♪♪♪